1. HOME
  2. 「知る」
  3. 白い卵(白玉)と赤い卵(赤玉)の栄養価は同じ|食の雑学ノート
「知る」
イラスト:卵

白い卵(白玉)と赤い卵(赤玉)の栄養価は同じ|食の雑学ノート

「知る」

白い卵(白玉)と赤い卵(赤玉)。お店に並んでいると、ついどちらにしようか迷ってしまうが、殻の色が違うのはなぜなのか?実は卵の色が違う理由は、鶏の種類によるもの、ただそれだけ。

赤い卵の方が値段が高く設定される場合が多いため、より栄養価が高いと思われがちであるが、白い卵と赤い卵に栄養の差はない※。それではなぜ、赤い卵の方がやや高価なのか。それは、赤い卵を産む鶏の方が体が大きく、白い卵を産む鶏よりも食べる餌の量が多いので、飼料代がかかるためと言われている。また、これまでは羽の色が褐色の鶏は赤い卵を、白い鶏は白い卵を産むといわれてきていたが(確かにその傾向もあるのだが)、その違いも、現在ではあまり当てはまらない。多くの鶏が品種改良等を行われているので、羽と卵の殻の色の関わりはほとんどないとされている。

※同じ環境・同じ餌で育った場合、赤い卵と白い卵で栄養価に差はないという意味

イラスト:卵


参考
・「「たまご」のQ&A」 株式会社フレッズ
・「よくあるご質問」 株式会社フカベエッグ